投稿日:2020年9月17日

左官工事で求められる能力とは?

こんにちは!大阪府摂津市を拠点として、近畿エリアで吹き付け工事や左官工事に従事しております株式会社M&Mです。
どの分野の職人にも必要となる能力があり、左官職人も同様でしょう。
そこで今回は、左官職人に求められる能力は一体どういったものなのか、みていきたいと思います。
左官職人を目指している方は、ぜひ知っておいてください。

実力はコテさばきでわかる


左官職人にとって、コテは大事な仕事道具です。
作業をする現場によって使うコテは異なり、大きいものや小さいものなど、15種類も現場に持参することもあり得ます。
コテのさばき方が、その職人の技能をはかる大きなバロメーターとなります。
壁を平らに塗ることでも、技能の差はすぐにわかるものです。
愛用のコテは、大体が長年使い続けているものであり、他の職人の使うコテとの違いが手の感覚だけでもわかるようになるでしょう。

臨機応変さも大事になる

たとえば作業でモルタルを塗る場合、気温や湿度次第で乾く速度に違いが生じるので、仕上がり方も変わります。
その場の状況で完成度が影響されるため、難しさがあるでしょう。
状況に応じて判断できる力というのは、経験によって身につくものであり、経験を積んでいくことがポイントとなります。
作業を行う現場もさまざまで、いつでも想像力を発揮して臨機応変に動けるようにする必要があります。

建築での伝統ある技能や技法

左官職人の仕事は下地塗りの作業が多く、建物が竣工となる時に表面に出ないものが大半です。
ペンキあるいはタイルといった壁面素材の下に隠れはするものの、下地がないと壁として機能しませんし、そうした面においても左官の仕事は必要不可欠です。
左官の技は、古くから日本にある建築においての伝統的な技法として、受け継がれてきました。
そしてその技能や技法を習得していけば、左官職人の奥深さを感じられるでしょう。
こうした面も、左官職人のやりがいとなります。

【求人】M&Mでは新規スタッフを募集中!


株式会社M&Mでは、左官職人として活躍していただける現場工事スタッフを新しく募集中です。
左官職人にはコテさばきの技術が求められますし、想像力を働かせて臨機応変に動ける能力も必要になります。
それだけでなく、日本で昔から受け継がれてきた技能や技法も習得しなければいけません。
あなたもぜひ、弊社でこうした能力を身につけてみませんか。
未経験でも歓迎いたしますので、あなたのご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社M&M
〒566-0045 大阪府摂津市南別府町1-40
電話:06-7494-6952 FAX:06-7509-6139


関連記事

一緒に働きませんか?

一緒に働きませんか?

こんにちは、株式会社M&Mです!弊社は大阪府摂津市を中心に、吹き付け工事や左官工事を承ってお …

【株式会社M&M】より2点お知らせです。

【株式会社M&M】より2点お知らせです。

こんにちは、株式会社M&Mです!弊社は大阪府摂津市を中心に吹き付け工事や左官工事を承っており …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社M&Mでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただ …

お問い合わせ 採用情報